Twitterも毎日更新中です★ CLICK!

オーストラリアの超優良ファームで働けた私のレジュメの書き方

ファームの仕事を見つけるために必要な「レジュメ」(履歴書)について

  • レジュメに何を書けばいいのか
  • レジュメのテンプレート

をお伝えします。

 

レジュメを書こうと思っても何を書いていいのか悩んでしまい、行き詰まってしまうことってありますよね。

 

せっかく自分のことをレジュメに書いても情報が多すぎたり少なすぎたりして、わかりづらくて読んでもらえず仕事がゲットできないこともあります。

 

ファームジョブをできるだけ早くゲットするために、読みやすいレジュメの書き方とそのテンプレートを用意しました。

 

テンプレートを使って書いていけば、すぐにレジュメを書き終えられるのでぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

目次

レジュメとは?

レジュメとは日本でいう履歴書です。

日本では履歴書をお店で買って、そこに書いてある項目を埋めて、完成させますよね。

しかしオーストラリアは違います。

日本の履歴書のように決まった形式のものはなく、真っ白の状態から自分が書くことを決めていきます。

 

項目を埋めるだけの履歴書に慣れている日本人からしたら

レジュメに何を書けばいいのかさっぱりわからないですよね。

 

ですが安心してください。

オーストラリアのレジュメもテンプレートを使って書いていけば、悩むことなくスイスイ書いていけます。

 

レジュメには何を書けばいいの?

まずはこのレジュメをご覧ください。私が超優良ファームをゲットしたときに使ったレジュメです。

このレジュメを見てこんな簡単でいいの?と思った方、いいんです!十分です。

そしてこのレジュメを見て、私にはこんなレジュメ書けないと思った方、これからご紹介するテンプレートを使えばあっという間ですよ。難しく考える必要はありません。

 

では先ほどご覧いただいたレジュメを参考に上から解説していきますね。

レジュメで書くことは大きく分けて4つ

①基本情報

まず一番初めに書くことはあなたの基本情報です。

あなたがオーストラリアでいつまで働けるかはとても大事です。ビザの有効期限をきちんと書きましょう。

やはり雇う側としては、できるだけ長く働ける人を探していることが多いです。

・名前(Name)
・住所(Address)
・電話番号(Phone)
・メールアドレス(Email)
・ビザの種類、いつまでビザが有効か(Visa type)
・いつ働けるか(Availability)

②希望職種・自己アピール(Objective)

自分がどのような仕事を探しているのかを伝えます。

セカンドビザを取得するためにファームの仕事をしたいのなら

Looking for a farm work position, for second working holiday visa.

と書きましょう。

 

そして自分がどんな人かをアピールするために

I am hardworking, friendly and responsible.

などと簡単でいいので書きましょう。

 

以下も参考にしてください。

hardworking(働き者)
friendly(友好的)
responsible(責任ある)
motivated(やる気のある)
flexible(適応性のある)
punctual(時間を守る)
ambitious(野望のある)
reliable(信頼できる)
sociable(社交的)

③職歴(Employment History)

今まで働いてきた職業を全て書く必要はありません。3つほど書けば十分でしょう。

オーストラリアで働いたことがあればもちろんその職歴を書いたほうがいいでしょう。

日本で働いていた職業も長く働いていた仕事やファームの仕事に関連するものがあればそれを選んで書きましょう。

2/2020〜Present(働いていた期間)(現在も働いているならPresentと記入)
〇〇restaurant – Australia (働いていた会社名)(どの国で働いていたか記入)
Part time worker (正社員かパートどちらの雇用形態で働いていたか)(正社員ならFull time workerと記入)
Waitress(働いていたポジションを記入)

④学歴(Educational Qualifications)

日本の学校は最終学歴だけ書けば十分です。

オーストラリアで語学学校などに行ったことがある方はその学校名も記入しましょうね。

・4/2012〜3/2015 〇〇University (通っていた期間)(学校名)
・1/2020〜2/2020  〇〇English School

⑤おまけ

最後に、『Thank you for rading』(読んでくれてありがとうございます)
と書くことを忘れないでくださいね。

まとめ

レジュメを書くときに必要な4つの項目は以下の通りです。
ここに肉付けをしていく感じです。
①基本情報
②希望職種・自己アピール
③職歴
④学歴
何を書いていいかわからないと、レジュメ作りがすごく難しく感じるかもしれませんが、
今お伝えしたテンプレートを使ってレジュメ作りをすればすぐに出来上がりますよ。
作ったレジュメは印刷するのを忘れないでくださいね!
オーストラリアでは「Officeworks」で印刷をするのが安くてオススメです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる