Instagram・Twitterも更新してます★ CLICK!

オーストラリア留学ワーホリする女性必見!女性ならではの持ち物

来月オーストラリアに留学するんだけど、生理用品や下着など女性ならではの持ち物のことが気になるなぁ。

そんな疑問にお答えします。

これからオーストラリアに留学する、ワーホリする方は、「なにをもっていこう?」「荷物はできるだけ減らしたいな」と考えている方も多いはず。

「これってオーストラリアで買えるのかな?」と疑問に思うこともありますよね。

そこでこの記事では、留学・ワーホリする女性ならではの持ち物についてご紹介していきます。

この記事はこんな人に読んでほしい!

・これからオーストラリアに留学・ワーホリする
・なにを持っていけばいいのか悩んでいる
・日本から持っていかなくていいものを知りたい
・オーストラリアで買えるものはなにか知りたい

目次

オーストラリア留学・ワーホリする女性必見!女性ならではの持ち物

生理用品(ナプキン・タンポン・おりものシート)

留学・ワーホリする女性が一番悩む持ち物といえば、「生理用品」ですよね。

心配性なわたしもオーストラリアに初めて来たときは、たくさんのナプキンをスーツケースにつめて日本から持ってきました。

しかし、ナプキンって軽いけどかなり場所を取りますよね…


わたしのように心配性な方は、数ヶ月分の生理用品を日本から持ってくるのはありかなと思います。

しかしオーストラリアのスーパーや薬局では、ナプキンやタンポン、おりものシートが簡単に手に入るので、無理してたくさん持ってくる必要はありません。

ナプキン

わたしが使っている「Libra」というナプキンは日本のナプキンとあまり変わらずとても使いやすいです。

40cmの夜用ナプキンも販売しています。

またオーガニックコットンのナプキンも販売しているので、かぶれやムレで心配している方も安心です。

Libraのナプキンについてはこちらの記事でくわしく紹介しているので、気になる方は合わせて読んでみてください。

タンポン

オーストラリアのタンポンは、日本のタンポンと少し違います。

なにが違うかって?

アプリケーターがないんです!

オーストラリアのタンポン

オーストラリアで売られているタンポンは指で挿入するフィンガータイプ


わたしはタンポンが苦手なので使ったことはありませんが、友人いわく「慣れたら平気」とのことでした。

アプリケーターがついてないフィンガータイプのタンポンを使うことに抵抗がある方は、日本から多めに持ってくるようにしましょう。

「でもやっぱり荷物を増やしたくない!」という方は月経カップがおすすめ。

タンポン派だった友人は、「月経カップはゴミも出ないし快適」と言って乗り換えていました。

日本にいるうちに月経カップに慣らしておいて、荷物を減らすのもいいですね。

おりものシート

おりものシートもスーパーや薬局で気軽に買えます。

オーガニックコットンのおりものシートも販売しています。

ちなみに、おりものシートは英語で「Liner」です。
購入するときにナプキンと間違えないように気をつけてくださいね。

生理用吸水ショーツ

最近、利用する方も増えてきた生理用吸水ショーツ。

わたしも最近はナプキンよりも吸水ショーツをおもに使っています。


初めて使う方は、経血量が少ない日からはじめてみるのがおすすめ。

吸水ショーツで過ごすようになると、ナプキンを買う回数、ゴミも減ってラクになりますよ。

オーストラリアではスーパーや薬局で気軽に買えます。

生理用吸水ショーツのこと、オーストラリアで買える生理用吸水ショーツについては、こちらの記事にまとめてあります。

ぜひ合わせて読んでみてください。

下着

オーストラリアでも下着は買えますが、好きな形、素材、自分に合ったサイズのものがすぐに見つかるかはわかりません。

下着は、日本から必要な分を持ってくることをおすすめします。


もし、オーストラリアで下着を買いたい場合は、

・Cotton On Body
・Kmart
・BIG W
・Target

がお手頃価格で買えます。

基礎化粧品・メイクアップ化粧品

基礎化粧品、メイクアップ化粧品ともにスーパーや薬局で買うことができます。

また値段は高くなりますが、都市部には日本の化粧品を売っているお店もあります。

特にこだわりはない、なにを使っても肌が荒れることは少ないという方は数ヶ月分だけ持ってきて、なくなったらオーストラリアで買いましょう。

肌が敏感という方、化粧品にこだわりがあるという方は、日本から持ってくることをおすすめします。(もしくは、日本から送ってもらう)

フェイスシェーバー・カミソリ

お気に入りのフェイスシェーバーがあるなら日本から持ってくるべき!

電池はスーパーなどで買えますよ。

替え刃も小さく荷物にならないので、必要な方は持ってきたほうが◎

使い捨てのカミソリはスーパーや薬局で気軽に買えます。

スーパーでもたくさんの種類のカミソリが売っているので、日本から持ってくる必要はありません。

デオドラント

オーストラリアのスーパー、薬局で買えるデオドラントも数多くあります。

荷物をできるだけ減らしたいという方は、オーストラリアに到着してから買いましょう。

匂いつきのデオドラント、無香料のデオドラントそれぞれ迷ってしまうほどたくさんあります。


わたしは心配性なので、オーストラリアに初めてきたときはナプキン、化粧品など予備の分まで日本からたくさん持ってきました…

しかし、今思えばなんでわざわざそんなに持ってきたんだろうと思っています(笑)

引っ越しをするたびにたくさんの荷物を持ち運ぶのは本当に大変だったので。

これから留学・ワーホリしたいという方は、わたしのように移動が大変にならないようにできるだけ身軽でくることをおすすめします!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる