Twitterも毎日更新中です★ CLICK!

オーストラリアでじんましんに!今すぐ買える市販薬を紹介します

「オーストラリアでじんましんになっちゃった」
「からだがかゆくてたまらない、からだをかくと赤くなって腫れる」
「英語が不安でどんな薬を飲めばいいのかわからない」
「薬局で買えるじんましんの市販薬を知りたい」

こういったお悩みを解決します!

じんましんになったり、からだがかゆくなったりすると集中力がなくなる、眠れない、イライラするなんてことありませんか?

一刻も早く、このかゆみのストレスから抜け出したいですよね。

また住み慣れない土地での体調不良、薬探しは不安にもなります。



そこで今回は、わたしが実際にじんましんになったときに医師から処方された薬をご紹介します。

今回ご紹介するじんましんの薬は、医師の処方せんがなくても薬局で購入できますので、

今すぐ薬が欲しい方病院に行く時間がないという方の参考になれば嬉しいです。

目次

「じんましん」は英語でなんというの??

まず「じんましん」になったときに使う関連英語を簡単にご紹介します。

薬を買うときの参考にしてくださいね。

Hives:じんましん
Urticaria:じんましん
Antihistamine:抗ヒスタミン薬
Itchy :かゆい
Skin rash :皮膚発疹
Swelling :腫れ
Drowsiness:眠気
Hives、Urticariaはどちらも「じんましん」という意味ですが、
薬の箱には「Hives」と書かれていることがほとんどです。

オーストラリアの薬局で買える市販薬

それではさっそく、薬局で買えるじんましんの市販薬をご紹介します。

わたしは病院に行ったため医者に処方してもらいましたが、処方せんがなくても薬局で買うことができます。

①Telfast 180mg

「Telfast」は眠くならないタイプのじんましんの薬です。

お仕事をしている方、車を運転する方、眠くなりやすい薬は避けたいという方におすすめです。

②Zyrtec

「Zyrtec」は4、5ヶ月飲み続けても問題ない薬だと医師に言われました。

ただ、薬の箱の注意書きにもあるように、「Zyrtec」は眠気を引き起こすこともあるので注意が必要です。

わたしも飲んだあとは眠くなることが多かったです。

わたしの場合、まずはじめに「Telfast」を2週間ほど飲みました。
飲んだそのときは症状がおさまるものの、薬をやめるとじんましんの症状がまた出てきました。
そのため、もう一度病院に行って相談したところ、別の薬を試してみようと言われ「Zyrtec」を処方してもらいました。

現在、薬を飲み始めて6ヶ月ほどになります。薬漬けにはなりたくないのですが飲まないとじんましんが出てくるので、薬を半分に割って1日0.5錠飲んでいます。

③DermaVeen Eczema lotion

保湿剤としてこちらも処方してもらいました。

塗った後もベタベタせず、さらっとした使い心地です。

からだをかきすぎて、肌が荒れてしまっている方にはこちらもおすすめです。

じんましんの薬の服用方法は?

上記でご紹介した内服薬の「Telfast」と「Zyrtec」ですが

服用方法はどちらも同じで以下の通りです。

・1日1錠
・飲む時間帯はいつでもOK
・症状が出たときに服用

薬を飲んでも症状が治まらない場合

①身の回りで何か変わったことがあったか見直してみましょう!

医師の診察を受けて聞かれたのが

・シャンプーや洗濯洗剤を変えていないか
・何か珍しいものを食べたか
・ストレスはないか

などです。

もし何か心当たりがある場合は、まずそれらの原因となっているものを避けてみましょう。

②病院(GP)に行きましょう!

「自分の症状がじんましんの症状かもわからない」
「市販薬の薬を飲んでも治らない、症状が続く」

という方は、やはり病院(GP)へ行くのが一番安心です。

医師に相談してみましょう!

わたしはオーストラリアに来てから人生初めてのじんましんを経験しました。
正直、自分の症状がじんましんかもよくわからず、下手に薬を飲むのも怖いと思い、市販薬も飲まずに2週間ほどかゆさに耐えていました、、、(泣)

その後、かゆさに耐えきれずに病院(GP)に行きましたが、
処方してもらったお薬は処方せんがなくても買えてしまう薬だったので
「症状が出たときにまずは薬局に買いに行って市販薬を試せばよかった」と後悔しました。

③血液検査を受けてみましょう

症状がなかなか治まらず、心配な方は医師に相談し血液検査を受けてみましょう。

ハウスダストなどのアレルギー検査をして、原因を突き止められる可能性もあります。

わたしも1ヶ月以上経っても症状がなくならないため、血液検査を受けました。

GPでは残念ながら血液検査ができません。
医師に血液検査のオーダー用紙をもらい、Pathology(採血を行ってくれる場所)へ行きます。
Pathologyへは予約せずに行くことができます。
医師からもらうオーダー用紙にPathologyの一覧が記載してあります。
市内にはもちろん郊外にもいくつか施設がありますので、家から近いところを探してみてください。

※Pathologyの営業時間は短いです。14時か15時ごろには閉まってしまうところがほとんどです。
また、朝早い時間は健康診断の血液検査のために朝食を抜いている患者さんが多いので混むことも予想されますので注意してください。

じんましんの薬は花粉症にも効く!?

ご紹介した「Telfast」「Zyrtec」はどちらもじんましんだけでなく花粉症の症状にも効く薬です。
くしゃみ、鼻水、目がかゆいという症状で困っている場合でも服用できます。
花粉症の症状が出たときにも、こちらの薬を試してみてください。

<まとめ>オーストラリアで買えるじんましんの市販薬

いかがでしたか?
オーストラリアでじんましんになったり、からだがかゆくてたまらないというときの市販薬の参考になれば嬉しいです。
もちろん、「自分で判断してお薬を飲むのは心配だな…」という方はまず医師に相談してみてくださいね。
また症状が続いてなかなか治らずに不安な方も我慢せずに病院(GP)へ必ず行きましょう!





じんましんの原因が不明な方、
わたしも血液検査までしたけど結局、原因不明でした、、、(泣)
住み慣れないオーストラリア生活で、からだが少し疲れていてストレスを感じているかもしれません。
ゆっくり休んでみてくださいね。


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる