Twitterも毎日更新中です★ CLICK!

【ファーム初心者でも安心】ファームジョブで絶対に必要な物リスト

「ファームジョブをするのが初めてなんだけど、何を準備すればいいかわからない」

「ファームで必要なものってどこで買えばいいの?」

 

そんな疑問にお答えします。

 

ファームに初めて行く場合、

何が必要なのか、何を買っておくべきなのかイマイチ分からずに困ってしまいますよね。

事前に色々買っても結局使わなかった、なんてことにもなりたくないですよね。

 

今回は実際にファームで仕事をしていた私が、毎日使っていたものをリストアップしました。

働くファームがまだ決まっていなくても、ファームジョブで使うものをご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

 

目次

ファームで必要なもの①蛍光色の服

オーストラリアでファームジョブをしている方たちが必ずと言っていいほど着ているこの蛍光色の服。

こちらは必ず準備しておきましょう。

上の写真のポロシャツタイプのものは、「Kmart」で8ドルで売っていました。

 

長袖タイプも売っていますので夏でも日焼けをしたくないという方は、長袖を選んだほうがいいでしょう。

 

ちなみに私は、ファームジョブ用にトレーナーを事前に買っていたので

そのトレーナーの上からでも着れるタンクトップの形のものを選びました。

2ドルと安くなっていたからというのも理由のひとつですが(笑)

 

ファームで必要なもの②捨ててもいいor安いトレーナーやTシャツ

先ほどご紹介したタンクトップの形の蛍光色の服を購入した場合、

トレーナーやTシャツも必要です。

 

ファームで着る服はすぐに汚れてしまいます。

ピッキングの仕事はもちろん、パッキングのように工場で働く場合でもかなり汚れます。

お気に入りの服が、汚れていくのをみたくないですよね。

 

捨ててもいいような服を持っている方はそれを着て

持っていないという方は、「Kmart」などで安く売っているものを購入しましょう。

ファームで必要なもの③乾きやすいズボン

ズボンは、動きやすくて乾きやすいものを選びましょう。

ファームの仕事をしていると、ズボンがすぐ濡れてしまうこともあります。

濡れたままだと気持ちが悪いので、速乾性のあるズボンがオススメです。

私は上の写真のように、ランニングでも使えるスパッツのようなものを履いていました。

 

「Kmart」などで買えます。

ファームで必要なもの④ワークブーツ

ファームジョブでは上の写真のようなワークブーツがよく使われています。

ワークブーツを買いたい場合、「Kmart」では男性用の靴売り場に売っていました。

女性の方でも小さいサイズを選べば大丈夫ですよ。

 

私はどこで働くかも決まっていないまま、ファーム地域に引越しをしたために

どんな靴を買えばいいのかイマイチわからず、長靴を買っておいてあったのですが

パッキングの仕事場では、ワークブーツの着用が絶対でした。

結局、長靴は一度も使わないままでした。

ファームで必要なもの⑤大きめの水筒

特に暑い日差しの中で働く人は、大きめの水筒を用意しましょう。

ファームがある場所はほとんどが田舎です。

近くにコンビニもありません。

のどがカラカラだけど、飲み物が足りないなんてならないように大きめの水筒を準備しておきましょう。

 

「スーパーマーケット」や「Kmart」などで買えます。

ファームで必要なもの⑥保冷バッグ

ピッキングの仕事だと冷蔵庫などのようにランチボックスを置いておくスペースがありません。

必ず保冷バッグを用意しておきましょう。

「スーパーマーケット」や「Kmart」などで買えます。

 

ちなみに保冷剤は、「ダイソー」などで買うことができますよ。

ファームで必要なもの⑦日焼け止め

ピッキングなど外で仕事をする人は、日焼け止めは絶対必要です。

冬でも必ず持っていきましょう。

オーストラリアの紫外線は、日本の紫外線の3倍から5倍と言われています。

シミや皮膚ガンにならないようにするためにも日焼け止め必須です。

 

「スーパーマーケット」や「薬局」で買えます。

ファームで必要なもの⑧帽子

こちらも外で仕事をする人は必須アイテムです。

キャップよりも、つばが広めの帽子を選べば、首も焼けないのでオススメです。

 

「Kmart」などで買えます。

ファームで必要なもの⑨ネックウォーマー

冬にファームへいく人はネックウォーマーを必ず持っていきましょう。

ファーム仕事は基本的に朝早く、6時ごろから始まります。

朝は特に冷え込んでいるのでネックウォーマーは必須です。

パッキングなど屋内で働く場合でも寒いので、ネックウォーマーを持っていったほうがいいでしょう。

 

「Kmart」や「ダイソー」で買えます。

ファームで必要なもの⑩ハンドクリーム

ハンドクリームはすべての人ではありませんが、

肌が弱い人やパッキングで働く人は持っていきましょう。

パッキングで働くと、手を何度も洗いますので荒れてしまう方が多いです。

 

私は肌が弱くはないのですが、仕事を始めたばかりの頃は

手が腫れあがるように荒れてしまいました。

 

オーストラリアでハンドクリームなら

赤い色のポーポークリームがオススメです。

「スーパーマーケット」や「薬局」で購入できます。

まとめ

いかがでしたか?

ファームジョブで必要なものは以下の通りです。

①蛍光色の服
②捨ててもいいor安いトレーナーやTシャツ
③乾きやすいズボン
④ワークブーツ
⑤大きめの水筒
⑥保冷バッグ
⑦日焼け止め
⑧帽子
⑨ネックウォーマー
⑩ハンドクリーム

 

これさえ事前に準備しておけば、仕事が見つかったときすぐに始めることができます。

服やワークブーツなどは、田舎へ行くと自分のサイズにあったものが見つからない可能性もありますので事前の準備が大切です。

 

今回ご紹介したものは、オーストラリア各地にある「Kmart」「Target」「Big W」「Coles」「Woolworths」で購入できます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる