Instagram・Twitterも更新してます★ CLICK!

【海外在住】サイリウムを使った簡単わらびもちのレシピをご紹介

海外に住んでいて、わらびもちが食べたいけど買えない…

わらびもちってどうやって作るの?
わらびもちの簡単レシピを知りたい!

そんな疑問にお答えします。


海外に住んでいると日本の食べ物が買いたくても売っていない…なんてことがよくありますよね。

「わらびもち」もそのひとつ。


日本では1パック100円ぐらいで買えるわらびもちも、海外では手に入りません。


海外で生活しているときに「わらびもちがどうしても食べたい!」
そう思ったときは自分で作るしかありません…

でもわらびもち作りってめんどうじゃない?

そう思われた方もいるのではないでしょうか。

ですが、わらびもちって実はとても簡単に作れちゃうんです。

こちらの記事では、レシピを写真付きでくわしくご紹介します。

この記事は、こんな方に読んでほしい!

・わらびもちを手作りしたい
・簡単わらびもちのレシピを知りたい
・ダイエット中だけど、甘いものが食べたい
・オーストラリアでは、どこでサイリウムが手に入るのか知りたい

目次

サイリウムを使った簡単わらびもち


今回のわらびもち作りで必要な材料は…

・サイリウム(Psyllium)
・砂糖(ラカント)
・きな粉

この3つがあれば簡単にわらびもちが作れます。

サイリウムとは

サイリウムハスクは、オオバコ属のプランタゴ・オバタ(英名:サイリウム)という植物の種子の殻(ハスク)を粉末状にしたもの。

引用: Women’s Health

サイリウムは、食物繊維が豊富、満腹感を感じやすいということでダイエット中の方にも人気です。

日本では、サイリウム(Psyllium)がオオバコと書かれて販売されていることもあります。

サイリウム・オオバコどちらでも問題ありません。

オーストラリア在住の方の場合、Colesでサイリウムを購入することができます。

ラカントとは

「羅漢果(ラカンカ)」の高純度エキスとトウモロコシの発酵から得られる天然甘味成分「エリスリトール」、2つの天然素材からつくられた安心でカロリーゼロの自然派甘味料です。

引用:ラカント公式ホームページ

ラカントは砂糖と同じ甘さにもかかわらず、天然素材で作られているためカロリーがゼロという超スグレモノ!

「ダイエット中だけど甘いものが食べたい…」そんな方は、砂糖の代わりにラカントをぜひ使ってみてください。

オーストラリア在住の方の場合、ColesやWoolworthsでラカントを購入することができます。

サイリウムを使った簡単わらびもち【レシピ】

サイリウムわらびもち【材料】

サイリウム:10g
ラカント(砂糖):30g
水:300ml

きな粉:お好きな量

サイリウムわらびもち【作り方】

STEP
サイリウム、ラカント、水を鍋へ入れて混ぜる
STEP
5分ほど弱火にかける

5分ほど混ぜると、ねっとりとした感じになってきます。

STEP
容器にうつして、冷蔵庫で冷ます
STEP
きな粉をまぶして出来上がり

きな粉の甘さはお好みで!

わたしは甘めが好きなので、きな粉と砂糖を1:1ぐらいで混ぜてます。


砂糖の代わりにラカントを使ったので、カロリー控えめ、とてもヘルシーなわらびもち。

ちょっとしたおやつになります。

ぜひ一度作ってみてくださいね〜!


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる